Lang & Heyne
時の最も美しいかたち
プロフィール

Johann

Author:Johann



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lang & Heyne
TimeZoneのJapanese Forumでも独立時計師の集まりの模様がレポートされています。

マルコ・ラング氏です。
ind4.jpg


ヨハネス氏です。
ind7.jpg


話題のワンプッシュクロノグラフです。
ind2.jpg


ヨハネス氏がマルコ師に弟子入りするための登竜門として、
「俺の時計をワンプッシュクロノ化してみろ」
が条件だったそうです。

ということで、アルベルトはマルコ師とヨハネス氏の合作ということですね。

スポンサーサイト
Independents Day
独立時計師達の集まりがあったようです。

ヨハン2本、アルベルト1本、そしてモリッツ1本です。

DSC03547.jpg


アルベルトのキャリバーIVが眩しいです。

DSC03425.jpg


モリッツです。

DSC03610.jpg


Lang & Heyne
今まで色々な腕時計を買って使ってきたが、ヨハンを使って初めて気付いたことがある。

それは分針の動きである。

大袈裟に聞こえるかも知れないが、10秒程じっと分針を眺めているとじわじわと動いているのを感じることができる。
それは先端が細く、曲げられたスペード型針だからである。
この細いスペード針は痛く気に入っている。

もし許されるのなら、次はルイXV世針のフリードリッヒ・アウグストI世かモリッツが欲しい。

move1.jpg

move3.jpg

move2.jpg







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。