Lang & Heyne
時の最も美しいかたち
プロフィール

Johann

Author:Johann



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Favre Brandt
このブログではラング&ハイネに限定して書いてきましたが、先日ファブル・ブラント(Favre Brandt)という商社の懐中時計を入手しましたので、ご紹介します。

favre3.jpg


ローマ数字のシンプルなダブルサンク琺瑯文字盤で、ハンドはスチール製のブレゲ針で、青色になる一歩手前で焼きを止めた紫色です。

favre1.jpg


ケースは18Kの金張り、脱進機はムスターシュアンクル式、ブリッジはジャーマンシルバーのような独特の色、歯車・シャトン金無垢かどうか分かりませんが銅のような色で、独特の雰囲気をムーブメント全体が醸し出しています。

favre2.jpg


商館時計について、「ポケット・ウォッチ物語」から引用します。

---------------------------------------------------------------
明治のころ、日本の貿易は外国人商社に独占されていた。これらの商社――当時は商館とよんだ――が輸入するポケット・ウォッチの九〇%はスイス製、五%がアメリカ製、残りがイギリス、フランスなどであった。

一八九七(明治三〇)年ごろ、アメリカでは工場生産が確立しており、時計にはウォルサム、エルジンなどのメーカー名が彫りこんであった。しかしスイスでは、家内工業を土台にした小経営が中心だったから、商館の注文に応じて、日本向きのマークを入れ、商館の名前を日本語で入れて売った。こういうスイス製の時計を「商館時計」という。つまり、明治期に輸入されたスイス製の時計である。当時、九〇%を占めた商館時計こそが、明治期を代表する典型的なポケット・ウォッチである。

商館時計は大体が〇.八〇〇の銀側、鍵捲きもあるが多くはダボ押し、ローマ数字のダイアル、スモール・セコンドつき。一五石程度。中蓋がガラスで機械の動きが見える。直系五.二cmから五.八cmぐらい。脱進機はシリンダー式かアンクル式。商館の数は入れかわりがあるが、二〇社から三〇社、マークの種類はその二倍を越えたろう。

値段もそう高くなくて、コレクションの対象をして多くの人が手掛ける面白さがある。ただ、中蓋のガラスと枠がなくなっているものが少なくない。当然、値段は下がるはずなのに、知らん顔して売る店もあるから、注意して見る必要がある。



スポンサーサイト
Lang & Heyne
第16回世界の腕時計博で山田五郎氏のトークショーを聴いた後、独立時計師マニアのHBK氏に私のヨハンのテンプの振りが弱いとご指摘頂いた。
確かに、見て明らかに振り角が落ちていた。
巻き上げ不足かと思い、巻いてみると直ぐに巻き止まりになってしまったので、これは確実に問題があると認識した。

購入して調度一年。
まだ油切れではないはずだから、磁気帯びが原因と考えられる。

このような時、代理店が無いメーカーのものだと直接メーカー送りになるのだが、ラング&ハイネは宝石のたなかという名古屋を代表する時計店が日本代理店を務めているので、安心して代理店経由でメンテナンスに出せる。
近いうちに連絡をとり、メンテナンスに出そうと思う。

balance.jpg


Lang & Heyne
ラング&ハイネはメディアへの露出度が低く、また新作も毎年のように出ないので、ブログのネタに困るブランドではあります。
本日F.P. Journeのフォーラムをチェックしていると、次のような投稿がありました。

Some Journes and their siblings

オクタ・リュヌのRGケース・RG文字盤、クロノメーター・スブランのRGケース、ランゲ1のYGケースシルバー文字盤・ブルースチール針、クロノスイスのリピーター、そして、ヨハンYGケース・ブルースチール針という素晴らしいコレクションです。
ラング&ハイネのオンラインの写真投稿は久しぶりに見たので、ご紹介させて頂きました。
ヨハンのNo.16ということは、なかなか初期に注文されたようで、かなりのマニアと見ました。
こうして見てみると、どの時計でもムーブの色とケースの色は合っていた方が良い感じですね。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。