Lang & Heyne
時の最も美しいかたち
プロフィール

Johann

Author:Johann



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Try not to become a man of success but rather try to become a man of value.

Do not stop to think about the reason for what you are doing. about why you are questioning.
あなたがしていることの理由を考えるために立ち止まってはならない。なぜ自分が疑問を抱いているかを考えるために立ち止まってはいけない。

The important thing is not to stop questioning.
大事なことは疑問を持つことを止めないことだ。

Curiosity has its own reason for existence.
好奇心はそれ自体で存在意義がある。

One cannot help but be in awe when he contemplates the mysteries of eternity, of life, of the marvelous structure of reality.
人は永遠や人生や、驚くべき現実の構造の神秘について熟考すれば、必ず畏怖の念にとらわれる。

It is enough if one tries merely to comprehend a little of this mystery, each day.
毎日この神秘のたとえ僅かでも理解しようと努めれば、それでじゅうぶんである。

Never lose a holy curiosity.
聖なる好奇心を失うな。

Try not to become a man of success but rather try to become a man of value.
成功する人間であるよりは価値ある人間になろうと努めよ。

He is considered successful in our day who gets more out of life than he puts in.
今日では人生に自分が投入した以上の見返りを得る人間が成功者とみなされる。

But a man of value will give more than he receives.
しかし価値ある人間とは、(他人から)受け取るよりも多くのお返しができる人のことをいうのである。


by アルベルト・アインシュタイン(Albert Einstein 、1879年3月14日 - 1955年4月18日)

P10605612.jpg

スポンサーサイト
Lang & Heyne im land der aufgehenden sonne
07.12.2009 11:15付のニュースで、10月にマルコ・ラング氏が来日した模様が紹介されています。

ある大学でこんな授業があったという。

ある大学でこんな授業があったという。 
「クイズの時間だ」教授はそう言って、大きな壺を取り出し教壇に置いた。
その壺に、彼は一つ一つ岩を詰めた。壺がいっぱいになるまで岩を詰めて、彼は学生に聞いた。
「この壺は満杯か?」教室中の学生が「はい」と答えた。
「本当に?」そう言いながら教授は、教壇の下からバケツいっぱいの砂利をとり出した。
そしてじゃりを壺の中に流し込み、壺を振りながら、岩と岩の間を砂利で埋めていく。
そしてもう一度聞いた。
「この壺は満杯か?」学生は答えられない。
一人の生徒が「多分違うだろう」と答えた。

教授は「そうだ」と笑い、今度は教壇の陰から砂の入ったバケツを取り出した。
それを岩と砂利の隙間に流し込んだ後、三度目の質問を投げかけた。
「この壺はこれでいっぱいになったか?」
 学生は声を揃えて、「いや」と答えた。
教授は水差しを取り出し、壺の縁までなみなみと注いだ。彼は学生に最後の質問を投げかける。
「僕が何を言いたいのかわかるだろうか」

一人の学生が手を挙げた。
「どんなにスケジュールが厳しい時でも、最大限の努力をすれば、
 いつでも予定を詰め込む事は可能だということです」
「それは違う」と教授は言った。

「重要なポイントはそこにはないんだよ。この例が私達に示してくれる真実は、
 大きな岩を先に入れないかぎり、それが入る余地は、その後二度とないという事なんだ」
君たちの人生にとって”大きな岩”とは何だろう、と教授は話し始める。
それは、仕事であったり、志であったり、愛する人であったり、家庭であったり・自分の夢であったり…。
ここで言う”大きな岩”とは、君たちにとって一番大事なものだ。
それを最初に壺の中に入れなさい。さもないと、君達はそれを永遠に失う事になる。
もし君達が小さな砂利や砂や、つまり自分にとって重要性の低いものから自分の壺を満たしていけば、
君達の人生は重要でない「何か」に満たされたものになるだろう。
そして大きな岩、つまり自分にとって一番大事なものに割く時間を失い、その結果それ自体失うだろう。



この教訓は、時計の選択についても当てはまると思います。
P1060558.jpg P1060560.jpg

Johann, but, SRX003P1
BMWの広告ですが、かなり自分に当てはまっていると思いました。

大人の哲学を持ち、but ,子供のような純粋さを持つ人。
主流なのに、but ,心は反主流である人。
スーツを着こなすが、but ,ジーンズもはきこなす人。
寡黙ではあるが、but ,説得力のある人。
人生も語れるが、but ,ジョークもうまい人。
有意義も好きだが、but ,無意味なことも好きな人。
後部座席にも座るが、but ,ステアリングも握る人。
ワインにも詳しいが、but ,恐竜にも詳しい人。
常識は持っているが、but ,決して縛られない人。
ITには強いが、but ,手紙は万年筆で書く人。
家庭を愛しているが、but ,時には家庭を忘れられる人。
孤独も好きだが、but ,社交も上手な人。
ブランドは好きだが、but ,依存はしない人。
伝統は重んじるが、but ,新しいことも好きな人。
クラッシックも聴くが、but ,ロックも愛している人。
知性だけでなく、but ,遊び心も持っている人。
ゴルフだけでなく、but ,サッカーにも夢中になれる人。
常に冷静だが、but ,時に情熱的になれる人。
剛胆であるが、but ,細かな気遣いも大切にする人。
仕事には厳しいが、but ,女性にはドアを開けてあげる人。
自信はあっても、but ,過信はしない人。
美術館にも行くが、but ,ジムにも行く人。
協調もできるが、but ,反論もできる人。
夜更かしはするが、but ,朝きちんと起きる人。
守るものが多くても、but ,冒険できる人
お金は堅実であるが、but ,使うときは大胆な人。
部下には優しいが、but ,上司には厳しい人
食べるのも好きだが、but ,料理もできる人。
現実主義者であるが、but ,夢を忘れない人。
上質にこだわるが、but ,贅沢は好きじゃない人。
都会も好きだが、but ,誰もいない海も好きな人。
毅然としているが、but ,映画で泣ける人。
自分の誕生日は忘れても、but ,約束の時間は守る人。



IMG_1912_896.jpg

古典的なJohannを愛用しつつも、but,現代的なSRX003P1も着ける人。

Erwin Sattler's Regulateur Classica Secunda
Lang & Heyneの他で最も気になるメーカーとして、クロックメーカーのErwin Sattlerがあります。
去年の9月に腕時計のレギュレーターが発表され、リリースを楽しみに待っておりました。

Erwin Sattler Mixes Old & New Perfectly With The Trilogie Watch, Clock, & Winder Combo | aBlogtoRead.com

snapshotpng.jpg erwin-sattler-trilogie-watch-movement.jpg

それが、いよいよリリースされる模様です!

Erwin Sattler's Regulateur Classica Secunda-Horological Meandering - home.watchprosite.com
ドイツ時計バカ一代ブログ | Erwin Sattler Regulateur Classica Secunda

ムーブメントはETA7750ベースでHabring氏による改造がなされ、何とジャンピングセコンドとなっています。
このジャンピングセコンドの仕様は、元となっているレギュレータークロックの1振動による秒針の動きを再現したのでしょう。

IMG_0003.jpg IMG_0011.jpg vl1_image_1411351.jpg 
vl1_image_1411326.jpg vl1_image_1411321.jpg

この時計のハイライトは、やはり針と文字盤だと思います。Erwin Sattlerならではのクオリティが期待されます。
SSケースは150本限定とのことで、逃したくない一本です。

Erwin Sattler Präzision - Faszination [ Products Wristwatches Regulateur ]

Case:
Stainless steel, Diameter 44,0 mm, Height 15,0 mm
Fully threaded screw-down case back, Domed anti-reflective sapphire crystal, sapphire, Water resistance: 5 Bar

Movement:
Sattler-Kaliber ES 01, Basis ETA 7750
Functions: Hours, Minutes, subsidiary jump seconds
Diameter 30 mm, Height 7,90 mm
Frequency 28.800 A/h,
Jewels 25
Power reserve 42 h

Strap:
Material: Hand-sewn remborded leather strap,
Clasp: Double folding clasp with push-button release, stainless steel with Sattler emblem

Special Features:
A perfect miniaturization of the Classica Secunda 1985 precision pendulum clock
Serial number on the dial, Patented jump seconds, regulator dial, Winding crown in the shape of a precision pendulum clock’s movement-holder nut, Bezel shape corresponding to the Sattler precision clock bezel, Automatic rotor with engraved “E” and “S”, Hand-finished movement.





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。