Lang & Heyne
時の最も美しいかたち
プロフィール

Johann

Author:Johann



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kendal and Dent
1910年3月24日に販売されたケンダル&デントの懐中時計です。
ずっと以前から憧れていた、イギリス製のギルト仕上げ3/4プレートの懐中時計を遂に手に入れました。
イングリッシュレバー脱進機、竜頭巻き、ダボ押しです。

ホールマークはOnline Encyclopedia of Silver Marks, Hallmarks & Maker's Marksによると、

STANDARD MARKS:Sterling .925
CITY MARKS:Chester, England
DATE LETTERS:1908

です。

箱、保証書、販売書も付いた完品で、文字盤・針・ムーブメントの状態も良く、とても満足しています。

ただ、竜頭を回すと引っ掛かることがあるので、あまり動かさない方が良いようです。
また、若干ケースとムーブメントのがたつきがあります。
この時計もオーバーホールに出してから動かそうと思っています。
ケースのヒンジ内側に赤錆が出ているので、オーバーホールの際に綺麗にしてもらうようお願いしてみます。

Spiral Spring. - by the force of a spiral springによると、Kendal and Dentというメーカーは、Larcum KendallEdward John Dentとは関係ないようです。

また、私のKendal and Dentは、同ホームページを作成されている方のKendal and Dentとほぼ同様のようです。

LHKD1.jpg LHKD4.jpg

LHKD2.jpg LHKD3.jpg





スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://langundheyne.blog59.fc2.com/tb.php/22-06adecb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。