Lang & Heyne
時の最も美しいかたち
プロフィール

Johann

Author:Johann



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集合写真
左から、フランス(1810年)、ドイツ(2006年)、スイス(2007年)、イギリス(1910年)の4か国の時計が揃いました。

1600P1050708.jpg

1600P1050712.jpg
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

おお~~~

揃い踏みでございますね!

ふしぎなことに、バロンブルーがその4つの中にあって違和感がありませんね。

今日、バロンブルーのクォーツを見てきました。
機械式と違うダイヤルとのことで、少しプレーンではありましたが、針もしっかりしていて(パシャに比べて)良かったです。機械式と見比べられなかったのが残念です。。。
【2007/12/09 21:22】 URL | b42arcorion #gM..5iSc [ 編集]


コメントありがとうございます!
久々に懐中を持ち出したので、撮ってみました。

バロンブルーは斬新ではありますが、同時にクラシカルでもありますので、
思ったより浮く感じはないですね。

バロンブルーは、広田さんにもお墨付きをいただきました。
特に、文字盤の印字がブレなく盛り上がっている所をお褒めいただきました。
【2007/12/09 23:07】 URL | Johann #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://langundheyne.blog59.fc2.com/tb.php/27-a309231e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。